ヤマトアオダモ

モクセイ科

ヤマトアオダモ(オオトネリコ)

Fraxinus longicuspis Siebold et Zucc.

↓実生の若木

アオダモの仲間、トネリコ節(アオダモ、ケアオダモ、マルバアオダモ、ヤマトアオダモ、シマトネリコ、トネリコ等)の植物の枝を暫く浸した水は、紫外線により青色の蛍光を発する事からの命名。

↓アオダモの枝を浸した水の青い蛍光。青の弱い光なのでバックは黒が良いようです、白をバックにすると弱い光はかき消され全く確認できません。

蛍光物質は、クマリン系のエスクレチンとその配糖体エスクリン、フラキセチンとその配糖体フラキシンです。

谷戸山公園

0コメント

  • 1000 / 1000