キアシドクガ

ドクガ科

キアシドクガ

Ivela auripes (Butler, 1877)

今年も大発生しています。

一時は、林の中を散歩すると何匹かの毛虫を家までお持ち帰り状態でしたが、蛹化するものが多くなり解消されつつあります。

しかし初夏にはまた成虫の乱舞が待っています。

ドクガの仲間ですが毒はありません。

相模原市こもれびの森

0コメント

  • 1000 / 1000